ストレスが大敵になる二人目不妊では早めに受診する事が大切

不妊で悩んでいませんか?

最新記事一覧

2017年07月05日
すぐできると思ってたを更新しました。
2017年07月05日
増加する二人目不妊の様々な原因を更新しました。
2017年07月05日
2人目まだ?のプレッシャーを更新しました。
2017年07月05日
二人目不妊で悩んでいますを更新しました。

ストレスが大敵な二人目不妊

実は意外と多い二人目不妊について調べてみました。二人目不妊について一人目はすぐに授かることが出来たのに、二人目が中々出来ない。避妊せずに夫婦生活をしているにも関わらず2年以上経っても授からない。
元々不妊原因があったものの一人目は運良く授かることが出来た、夫婦どちらかあるいはどちらにも原因要素がある場合も少なくないそう。一人目出産時に胎盤が中々剥がれず、大量出血したことによる下垂体機能不全で排卵障害を起こすことも。また育児や仕事などによるストレスで女性ホルモンが乱れることで出来にくくなることもあります。たかがストレスと思いきや、二人目不妊とストレスは密接な関係があるので注意です。
そして一人目を出産した頃よりも確実に年を取っていることでお互いの機能も低下しているということです。男性は女性より余裕があると思われがちですが、精子濃度が低くなるので注意が必要です。女性は年齢的にリミットがあるのはもちろんのこと、35歳以降急激に卵子が老化し、老化した卵子が受精しても染色体異常などで流産しやすく色々とリスクが出てくるのでますます焦ります。
二人目まだ?と聞かれる回数が増え、一人目が男なら次は女の子だねと言われ1人はかわいそうだから早く兄妹を作ってあげなよと言われます。もしくは、あまり年齢を離すと大変だよと言われるとのことです。

二人目不妊の辛さについて

初めての出産から暫くたち、そろそろ二人目が欲しいと思っている方は多々いらっしゃると思います。一人目はすぐ妊娠できたから二人目もすぐにできるだろう!と考えていて早1年。なかなか二人目が授からないという方もいらっしゃると思います。今回はそんな二人目不妊の辛さについてお話したいと思います。
【周りからのプレッシャー】一人目を同じ時期に出産したママ友が、2,3年たつと次々と二人目を妊娠、出産していくことが多々あります。言葉では祝福しますが、心の中は複雑です。二人目を出産したママ友は、二人目育児の話に夢中になり、まだ二人目を妊娠していない場合はかなり疎外感を感じてしまうと思います。また初めての出産から2,3年たつと、周りの友達、親、親戚などから何の悪気もなく、「二人目まだ?作らないの?」と言われる機会も増えてきます。そういった心ない言葉や言動が二人目不妊においてプレッシャーになってさらに辛くなることがあるでしょう。
【子供に兄弟を作ってあげたいという気持ち】子供か2,3歳になると、余計に年の近い兄弟を作ってあげたいという気持ちが強くなります。他の兄弟が仲良く遊ぶ姿をみて、更にその気持ちを強くなり辛くなるでしょう。以上、二人目不妊の辛さについてお話ししました。

二人目不妊は早めに受診することがポイント

二人目を考えているけれどもなかなか授からないという二人目不妊の状況に陥ってしまった場合、一人目はできたのになぜできないのかと頭を悩ます人がほとんどです。二人目不妊には色々な原因があるのですが、妊娠や出産時のトラブルにより体質に変化が生じたことも考えられます。分娩時の多量の出血や産後に子宮内感染があった場合には、子宮環境が悪くなり、結果として不妊につながることがあります。
また出産をきっかけとして月経が変化することが挙げられます。それまではきっちりと月経が来ていたけれども、周期に変化が出てきて、結果として排卵日を予測できずに妊娠しにくい状況を作り出していることがあります。子どもがいることによって、二人の間で関係を持つことが少なくなり、妊娠につながらないということも考えられます。
子どもを育てる生活の中ではストレスを感じやすいので、そのストレスは妊娠にとって大敵となってしまいます。ストレスをうまく発散できていないという精神的な面から二人目不妊を引き起こしてしまうこともあります。他に考えられる原因としては加齢による卵子の質の低下です。卵子の質が低下することにより妊娠しにくくなりますし、これは精子も同じことが言えます。
どの原因が影響をしているかは最初は推測しかできませんが、基礎体温を計測して治療を受けることによって、原因を解明することもできます。早めに受診することが治療の上でのポイントです。


二人目不妊や続発性不妊、不妊で悩んでいたらご相談ください。不妊の改善は、イライラや焦りでストレスを溜めない心をもつことから始まるのです。

TOP